英検®二次テスト対策

  1. ホーム
  2. 英検®二次テスト対策

英検®二次試験 テスト対策

一次試験合格がわかってから、二次試験までそれ程日数がありませんので、何を準備していいのかわからない人もいると思います。
でも、焦る必要はまったくありません。一次試験をパスしたということは、その級のレベルの語彙や文法力をすでに持っているという事ですから。
今度は、その力を「話す」ことで表せばOKということです。ただし、スピーキング力は短い時間で伸びるもんではありませんので、日頃からシャドウイングなどをしておくことが必要です。

英検二次対策

大きな声で答えましょう

どの級の面接でも大きな声で答えましょう。
特に自分の名前は、ゆっくりはっきり言いましょう。これだけで面接員への印象はかなり違ってきます。 また、受験者と面接員との距離は案外遠いので、日頃の会話よりも一段と大きな声で話してください。

英検2級の二次対策

英検®2級の面接

パッセージを読む際、ただ文字を読むのではなく、意味を考えながら読みましょう。そうすることで「ここが質問されそうだなぁ」という箇所は、おのずとわかるはずです。また複数形や三単現のSを無視して読む人が多いので、注意してください。 イラストの説明では、誰が誰に何を言ったか(過去形)誰が何を考えている・している(現在進行形)を使って、イラストを全部説明するようにしてください。No.3と4の質問は、まず自分の意見(agreeかdisagree, yesかno)をはっきり言ってから、理由を言いましょう。理由は、一次試験で作文を書いたときと同じ考え方で良いです。質問がわからなかった場合は、不自然な間があいてなければ2回まで聞き返してもOKです。

英検®準1級の面接

準1級は、パッセージの音読はありませんが、イラストの説明が難しくなります。大抵の場合、ある人物が良かれと思ってしたことが後になって良くない面もあった、というような内容です。適切な時制と語彙を使いことは当然ですが、4コマ目でこの人はどう思いましたか?という質問には"should have p.p."や"shouldn't have p.p.", "must have p.p."や"mustn't have p.p."(~するべきだった、~するべきではなかった)などの表現が言えるように準備しておくと、答えるのが大変楽になります。No.2、3、4の質問では自分の意見とその理由を最低2つは言わなくてはいけません。短時間で理由をひねり出すのはだれにとっても難しいです。出てこないときは「お金の節約」「健康に良い」「エコフレンドリー」「時間の節約」などに結び付けられないか、まず考えてみましょう。

小室先生

あなたもなんば校でTOEIC® L&Rテストスコアアップを目指しませんか?

なんば校ではスクール見学・カウンセリングを実施しています。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

  • スクール説明会・体験レッスンのご予約
  • 資料のご請求
お問合せはこちらまで
日米英語学院大阪なんば校
お問合せはこちらまで 0120-445-218電話をかける
営業時間 | 平日 11:00~21:00 / 土 10:00~19:30 / 日 10:00~18:00 / 祝日 休
アクセス | 地下鉄御堂筋線なんば駅24番出口直結

ページの先頭へ

  • ページトップ
  • HOME
  • 資料請求
  • 説明会予約